shim.gif

2012年09月06日

[NFL 開幕戦]カウボーイズ、ジャイアンツを下す!

NFLの2012年シーズンが開幕しました。
第1週ということですが、前年度スーパーボウルチャンピオンチームであるジャイアンツがホームにカウボーイズを迎える試合が先行して開催されました。

[week1 全結果]

[カウボーイズ 24-17 ジャイアンツ]

同じNFC東地区のライバルでありながら、やや下馬評で格下扱いされていたカウボーイズ、まして、ジャイアンツの本拠地での試合とあって、ジャイアンツの優勢が伝えられましたが、その予想を覆して、カウボーイズの快勝となりました。

ターニングポイントとなったのは、第2Q、カウボーイズのQBロモがインターセプトを喫して自陣1ヤードでジャイアンツに攻撃権が移った場面
ここでカウボーイズ守備陣がFGによる3点に止めたところでしょう。ここでTDをとられて7点を先制されたら試合の流れはガラリと変わっていたはずです。
その守備陣の奮闘に加えて、ロモはパス29回中22回成功、307yds、3TD(1INT)で300yds越え。
ランではマレーが131yds、パスではオースティンがマークされる中、代わってこれまでは目立った活躍のなかったオグレツリーが8捕球114yds、2TDと活躍。
故障で出遅れが心配されたTEウィッテンもプレーすることが出来て、カウボーイズにとって明るい材料の多い試合となりました。

この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

[NFL SuperBowl XLVI]

アメリカ時間の2月5日、日本時間の2月6日午前にプロフットボール王座決定戦、第46回スーパーボウルがルーカスオイル・スタジアム(インディアナ州インディアナポリス)で開催され、ニューヨーク・ジャイアンツがニューイングランド・ペイトリオッツを破って優勝しました。

日本では[NHK BS1]で生中継が実施されました。
2週間前のカンファレンス決勝で話題になった、試合が延びたときに[BS 102ch]に中継を引き継ぐ場面はなくて、ちょっとホッとしている向きもあるかも知れませんね。

【SuperBowl】
[ジャイアンツ 21-17 ペイトリオッツ]
ターンオーバーの少ない引き締まった接戦でしたが、序盤は完全なジャイアンツペース
ジャイアンツの先制点は守備チームがペイトリオッツQBブレイディにプレッシャーをかけた結果、エンドゾーンから味方のいない場所に苦し紛れのパスを投げさせてインテンショナル・グラウンディングでセーフティ。ここで2点がジャイアンツに入ります。
ペイトリオッツにとって痛かったのは、それにつづくジャイアンツの攻撃でファンブルを誘って攻撃権を奪取したかに思えたプレーで、ひとり人数が多い12人がフィールドに出てしまう 12men on The Field の初歩的ミスでジャイアンツの攻撃続行。これをTDに結び付けられてしまいました。これが最後に響いてきます。

しかし第2Qに入るとペイトリオッツはペースを取り戻して 10-9 逆転して前半終了。

後半、第3Qに入ってもペイトリオッツはTDを挙げて17-9とリードを広げますが、ジャイアンツはFGを2本着実に決めて追いすがります。

第4Qでも、両チーム攻め切れない攻撃が続いた後の終盤、ジャイアンツはマニングのミドルレンジのパスが連続して決まり、最後はブラッドショーがエンドゾーンに走り込んで逆転TD。FGでは追いつけない4点差をつけ、そのときペイトリオッツに残された攻撃時間は僅か57秒でした
それでも諦めないペイトリオッツは、最後のプレーでブレイディが乾坤一擲、自陣49ヤードラインからエンドゾーンにパスを投げ込む「ヘイル・メリー・パス」を試みますが、これが失敗に終わって試合終了。
ジャイアンツがスーパーボウル王者となりました。
ペイトリオッツとしては、ファンブルリカバーが無効となった直後に奪われた7点が最後に致命傷となったかたちです。

MVPは、ジャイアンツQBのイーライ・マニング
会場のルーカスオイル・スタジアムは本来、インディアナポリス・コルツのホームフィールドであり、コルツのエースQBはイーライ・マニングの実兄ペイトン・マニングなのですが、この地で最高の栄誉を得たのは弟という結果となりましたが、
今季は故障で棒に振った兄が、優勝が決まった瞬間歓喜していた姿は印象的でした。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

[NFL Conference Finals]

NFLは、スーパーボウル出場を決めるAFC/NFCの各カンファレンス決勝が行われました。
この2試合はアメリカ時間の日曜日の午後、日本時間では月曜日の未明から昼にかけてAFC-NFCの順で行われ、[NHK BS1]で生中継が実施されていました。
もちろんその時間は業務時間にかかることとなる私は、テレビの外付けハードディスク(HDD)に録画すべく予約を設定していて後日に視聴するつもりでいたのですが、
後の方のNFC決勝は時間が長引き、BS1の予定放送時間内に収まらず、[BS 102ch]にリレーして中継が続行されました。
ネットで試合経過を見ていた私は「あーぁあ、録画は尻切れトンボになっちゃったな」と嘆いていたものです。
ところが、仕事を終えて帰宅し録画の一覧を見ると、しっかりと[BS 102ch]に引き継いで録画がされているではありませんか!
完全に諦めていたものが、実は録画されていたというのは嬉しい驚きでした。

衛星放送ではBS2が廃止されたことで、BS1の番組をBS102に引き継ぐ「マルチ編成」が行われるようになっていますが、どうも番組データのなかに、チャンネルを切り替えて録画を継続させるコマンドが埋め込まれているようですね。
ただ、NFL関係のツイッターやブログ、掲示板等では「延長部分が録画できなかった」というコメントも多く、メーカーや機種、受信環境によって色々あるらしいです。
私としては、ラッキーなグループに入れてよかったわけですが。

カンファレンス決勝の勝者によるスーパーボウルは、現地2月5日、日本時間の2月6日にルーカスオイル・スタジアム(インディアナ州インディアナポリス)で開催されます。

【AFC】
[ペイトリオッツ 23-20 レイヴンズ]
ペイトリオッツのホーム、ジレットスタジアムで行われたこの一戦。
ペイトリオッツが優勢と見られていましたが、レイヴンズ守備陣の健闘もあってQBブレイディがTDパスゼロに2INTとプレーに精彩を欠き、一方のレイヴンズのQBフラッコはTDパス2本に対してINTは1にとどめ、奮闘したと言えるでしょう。
一進一退の攻防が続いた末、試合終了間際には3点ビハインドのレイヴンズが同点FGのチャンス。
距離は32ヤードと、プロとしてはかなりイージーなトライで、誰もが延長戦の展開に心が行っていたはずですが、なんとキッカーのカンディフが左へ引っ掛けるようなキックをしてしまい失敗
熱戦も、最後は「あらあら…」というような幕切れとなってしまいました。


【NFC】
[ジャイアンツ 20-17 49ers]
湾岸戦争直前の1991年に行われたNFCチャンピオンシップと同じスタジアム、同じ顔合わせとなりました。
そのときは49ersの名QBジョー・モンタナを負傷退場に追い込んだジャイアンツが、試合終了間際に逆転FGを決めて勝ったのですが、今回もFG決着でジャイアンツが勝ちました。
こちらもAFCと同じく一進一退の熱戦となり、両QBとも2TDパスを決めるなど互角。
しかし印象としては、「守備戦」という感じでしたね。
こちらは第4Q終了時点では決着がつかず、延長戦(OT)に突入。
OTでも両チーム決め手を欠いていましたが、勝負を分けたのはミスでした。
ジャイアンツの蹴ったパントを49ersの選手がキャッチミス。そこをすかさずジャイアンツの選手がリカバーして相手陣深くで攻撃権を獲得
このチャンスをジャイアンツが着実にFGに結び付けて決着がつきました。

この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

[NFL Divisional Play-offs]

NFLは、カンファレンス決勝の進出を懸けたディビジョナル・プレーオフ。
全4試合は、現地の土日に行われるので、現地土曜日の試合は日本では日曜日の朝。
私は1試合だけは生中継を見ることができました。

[Divisional Play-offs 全結果]
AFCでは、ペイトリオッツがプロンコスに、レイヴンズがテキサンズに、それぞれ順当勝ちと言ったところでしょう。

ドラマティックだったのはNFCの2試合
レギュラーシーズンを15勝1敗という驚異的な勝率で制した第1シードのパッカーズが、シーズン中は大きな連敗もあってもたついていたジャイアンツに、ホームで敗れるという大波乱
40年以上前の”故事”になりますが、かつては同じようにプレーオフでグリーンベイに乗り込んだカウボーイズが、[マイナス25度]の寒さの前になすすべ無く敗れた世に言う「アイスボウル」が語り継がれているわけですが、今回は寒さもそれほどでもなく、その点のホームフィールドアドヴァンテージは小さかったのかも知れません。

セインツをホームのキャンドルスティックパークに迎えた49ersは、西地区優勝ということでシード順位は第2位とはいえ、大方の見方ではセインツの方が実力上位と見られていただけに、49ersの勝利は番狂わせです。
この試合は生中継で見ていました。
試合終了間際、リードが二転三転する展開は非常にスリリングで、引き込まれましたが、最後は起死回生のTDパスが決まって49ersの勝利
またまたカウボーイズが負けた”故事”ですが、かつてNFCチャンピオンシップで、49ersの「あの」ジョー・モンタナが試合終了間際に逆転TDパスを決めてカウボーイズを破った試合を彷彿とさせます。
そのときのTDパス捕球を、人は「ザ・キャッチ」と語り継いでいるのですが、今回のプレーもそれに匹敵すると言えましょう。

さて次週はチャンピオンシップゲーム。
特にNFCは、49ersがジャイアンツをホームに迎えることになるのですが、これは湾岸戦争直前に行われたチャンピオンシップゲームの再現
そのあたりでも興味の尽きないところではあります。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

[NFL wild card]

NFLは、プレーオフに突入。
カウボーイズが進出できなかったことで、いささかテンションが下がってますが、
「イライラせずに」見ていられるので、心穏やかに楽しめます(笑)
今週はワイルドカード4試合。

[wild card 全結果]
テキサンズは、創設10年目にしてプレーオフ初勝利。
ゲーリー・キュービアックHCは、現役時代はプロンコスでジョン・エルウェイの控えQBだった人。
スターQBだった人より、こうした「苦労人」の方がHCとして好結果を出す傾向があるようですね。
セインツは、序盤はライオンズに手こずったものの後半には本領を発揮して快勝。
ジャイアンツは、セーフティで2点を先制された後は一方的な試合でファルコンズに何もさせず。
延長戦にもつれたプロンコス−スティーラーズ戦は、
延長戦のキックオフ直後のプレーで超ロングパスが決まってプロンコスが劇的勝利。
----------
成人の日が月曜日となり、この連休は[e2]が無料開放とあって、
プレーオフは生中継を楽しむことができました。

カウボーイズが進出していればガオラやG+の視聴契約をしたかも知れませんが、
今回はカウボーイズが出ていないので見送り。

次のラウンドからはBSとWebで情報を得ることになりますね。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

[NFL week17]カウボーイズ、プレーオフ進出ならず。

NFLのレギュラーシーズンも最終の第17週。
まだプレーオフ進出の可能性を残しているチームは必死だし、
プレーオフ進出を決めているチームであっても、シード順位争いがあって気が抜けません。


[week17 全結果]
AFCでは、ベンガルズがプレーオフ進出決定、レイダースは守備が破綻してプレーオフならず。
またシード順1位はペイトリオッツが獲得。


[ジャイアンツ 31-14 カウボーイズ]
「箱根駅伝」放映中のテレビ金沢(日テレ系)と、この試合を放映中の日テレG+を切り替えながらの観戦となりました。
最終週は全試合が現地の1月1日開催となりましたが、そのなかでもナイトゲームで実施されたこの試合はまさにリーグのレギュラーシーズン最終戦でしたが、
カウボーイズはジャイアンツに敗れてプレーオフ進出を逸しました。
序盤から先行される展開になったうえ、FGミスを犯しては前半終了で 0-21 の大量ビハインド。
後半は反撃を見せるも、終盤に無類の強さを見せるジャイアンツオフェンスの前に最後まで追いつくことができませんでした。
カウボーイズはランニングプレーが機能せず、また「ここ一番」のプレーでの勝負弱さが露呈してしまいました。
プレーオフは、今年も「第三者目線」で見ることになります。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

[NFL week16]カウボーイズ、捨てゲーム?

さて、NFLのレギュラーシーズンも今週と来週の2週を残すのみ。
プレーオフに可能性を残しているチームは細かい星勘定に忙しい週です。

[week16 全結果]
NFC東地区では、先週で首位に立ったジャイアンツが今週も勝って首位キープ。
同地区のカウボーイズとイーグルスの直接対戦がありましたが、その試合より前に実施された試合でジャイアンツが勝ったため、その時点でイーグルスとしてはプレーオフ(地区優勝)の可能性が消え、最終週にジャイアンツとの直接対戦を残しているカウボーイズとしては、今週に試合に負けたところで来週ジャイアンツを破って勝率で並べばタイプレークの規定によって地区優勝となる===つまり、今週の試合は負けてもどうってことない状況になっていました。
なお、今週勝ったパッカーズはNFCプレーオフ第1シードを獲得


[イーグルス 20-7 カウボーイズ]
試合開始早々に、ロモがパスを投げた際に右手が相手選手のヘルメットに当たり負傷退場。現在のエースRBジョーンズも早々にサイドラインに下がるなど、攻撃陣は”飛車角落ち”で、最後まで機能しませんでした。
ロモは、手に腫れはあるものの骨には異常ないとのことなので、「無理せず温存」の感じが強い気がします。ジョーンズも然り。
泣いても笑っても「来週」が全て。がんばってくださいな。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

[NFL week15]カウボーイズ、地区首位奪還

今週のカウボーイズは、現地の土曜日=日本時間の日曜日の試合でした。
NFLの試合は原則として日曜日に実施し、1試合だけを月曜日の夜に全米生中継のもとに実施するのですが、
サンクスギビングデー以後では木曜日に先行開催することもあります。
そして今回は土曜日の試合。
これは、土曜日に試合を実施するのが通例である大学のレギュラーシーズンが終了した関係で、土曜日に「空き枠」ができるため、そこにNFLの試合を持ってきたわけです。
因みに高校の試合は金曜日が通例でありまして、NFLが土曜日や金曜日をすっ飛ばして木曜日に先行開催することがしばしばあるのは、大学や高校の試合とバッティングしないようにするという理由があるわけです。


[week15 全結果]
NFC東地区では、week14終了時点で2連敗のカウボーイズが首位から陥落し、そのカウボーイズを直接対戦で下して連敗をストップしたジャイアンツが首位に立っていましたが、星勘定からして地区優勝以外にはプレーオフ進出は厳しいので、かなり混沌としてきました。
今週でプレーオフ出場が決定したのは、AFC東地区で優勝を決めたペイトリオッツ
開幕からの連勝が続いていたパッカーズはチーフスに敗れる番狂わせで初黒星を喫し、
逆に開幕から未勝利だったコルツはタイタンズを破って初白星を挙げました。


[カウボーイズ 31-15 バッカニアーズ]
2連敗で首位を明け渡したカウボーイズは、今週は7連敗中とチーム状態のよくないバッカニアーズ相手に快勝しました。
この試合は現地土曜日の試合ということで日本時間では日曜日の朝にあたるので、
CSのGAORAで生中継を見ることができました
不調のバッカニアーズ相手とあって、試合開始からカウボーイズが圧倒。
前半は面白いように攻撃が進み4TD。守備陣も相手を完封して 28-0 と圧倒的リード。
第3Qには、自陣深くから無理にパスを試みるという「悪いクセ」が出たところをQBサックされ、そのファンブルボールをそのまま持って行かれてTDを奪われるというイヤな展開となりましたが、
そこからは立て直して、次のシリーズからは安定したボールコントロールを見せて危なげなく逃げ切りました
チーム状態としては、先週の試合でエースRBのデマルコ・マレーが足首に大ケガをして今季絶望となっていたわけですが、元々のエースであったフェリックス・ジョーンズが奮起して108ydsを走れば、マレーの穴を埋めるべく急遽獲得したベテランのサミー・モリスも要所で力強いランを見せて貢献。マレーの穴を埋めていました。
ロモも3TDでINT無しという安定ぶりで、なんだかんだ言われながらも、記録的には過去の名QBに比肩する数字となってきています。
そして、日曜日の試合では首位のジャイアンツがレッドスキンズに敗れる波乱もあって、カウボーイズが再び地区首位に立ちました。
カウボーイズは来週は、第8週で惨敗を喫している相手のイーグルス、最終週がアウェイでのジャイアンツ戦と、終盤に来て息が抜けません。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

[NFL week14]カウボーイズ、終盤に逆転喫す

NFC東地区は、どうしたわけか地区内対戦が終盤に偏っていて、カウボーイズとジャイアンツの対戦は今週が今季初対戦。
ジャイアンツは連敗中ながら先週は開幕から練習を続けるパッカーズに惜敗するなど上り調子、一方のカウボーイズは先週は痛い取りこぼしで連勝がストップというところで、勢い的にはカウボーイズが苦しい感じもありますが、今回はカウボーイズのホーム。そのへんがどう出ますでしょうか。

[week14 全結果]
カウボーイズの試合については下記に詳報させて頂くこととして、今週の地区優勝決定はAFC南地区のテキサンズ
新興チームのイメージが強かったこのチームも、移籍が活発でドラフトも下位チームからの指名ということで、早くも強豪と言える戦力になりました。
そのほか、NFC南地区のセインツは地区優勝は決まりませんでしたが、悪くともワイルドカードでのプレーオフ進出が確定

開幕から負け無しのパッカーズは、レイダースを寄せ付けず全勝をキープ。
オーナーも白旗を掲げた感のある今季全敗のコルツは、今週もレイヴンズに敗れて開幕13連敗。

[ジャイアンツ 37-34 カウボーイズ]
先週に続いて「勝てる試合を落とした」感じのカウボーイズ。
「これを決めれば」「ここを抑えれば」という勝負所で詰めが甘く、ジャイアンツとは 7勝6敗 同率ながら直接対戦の成績によって首位を明け渡すこととなりました。
立ち上がりは、自陣エンドゾーンでロモがサックされてセーフティ、さらに直後にFGとジャイアンツに先行されますが、むしろTDを奪われずに凌いだとも言え、その後はシーソーゲームを演じながらも第4Qには一時 34-22 とカウボーイズが12点のリードを奪い、これで勝負あったかと思いきや、ジャイアンツの反撃にあって34-37と逆転を許してしまいました。
それでも、残り時間の少ない中でカウボーイズは懸命に反撃して、ラストプレーのFGが決まれば同点でオーバータイムに持ち込めるシチュエーションになったのですが、キックされたボールはあろうことかジャイアンツのブロックにあって万事休す
敗戦もさることながら、これまでエースRBとして活躍してきたデマルコ・マレーがこの試合で足首を骨折して今季絶望とは泣きっ面に蜂。星勘定からして地区優勝する以外にプレーオフ進出は難しそうなところ、地区内のライバルに敗れたのは痛すぎます。

この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

[NFL week13]NFC東地区が総崩れ

今週の試合を終えると、レギュラーシーズンの残りは4週。
首位が独走している地区では地区優勝決定の声も聞かれ始めます。

[week13 全結果]
NFC東地区首位のカウボーイズの相手は今季黒星が先行しているカージナルスであり、NFC東地区でカウボーイズを追うジャイアンツは今季全勝のパッカーズということとなれば、カウボーイズとしては差を広げるチャンスだったのですが、
何度もあった勝機を逸した挙げ句にオーバータイムの末の敗戦。
ジャイアンツは全勝のパッカーズをあと一歩まで追い詰めながらも敗戦、その他の同地区のチームも敗れてNFC東地区の4チームは総崩れで、カウボーイズは辛くも首位をキープ。
ジャイアンツに勝ったパッカーズは早くもNFC北地区の優勝決定、その他、49ersもNFC西地区の優勝を決めました。
今季全敗のコルツは、強豪ペイトリオッツを相手に終盤に猛追する善戦を見せましたが最後は追いつけず、開幕12連敗。


[カージナルス 19-13 カウボーイズ]
この試合のカウボーイズは、マレーのランを封じられたことで攻撃が進まず、さらに「入れれば勝ち」のFGを外すなどキッキングの不調が響いて勝ちきれず、延長にもつれた末に決勝TDを奪われて敗戦。
地区内が総崩れのために首位はキープしましたが、今週の試合でパッカーズに善戦したジャイアンツとの対戦を次週に控えて、やや不安材料が出た試合ではありました。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

[NFL week12]カウボーイズ、土壇場の逆転勝利

今週は、アメリカの祝日「サンクスギビング」があるということで、
毎年恒例、カウボーイズとライオンズが木曜日(日本時間の金曜日)にホームゲームを先行開催
今年は、この2試合に加えてレイヴンズのホームゲームも先行開催されました。

先週、NFC東地区首位に立ったカウボーイズとしては、連勝を伸ばして首位を固めたいところです。

[week12 全結果]
サンクスギビングデーの試合となった、49ers-レイヴンズ戦は、両チームのヘッドコーチが兄弟ということでも話題になりましたが、ロースコアの守備戦を制したのは兄ジョン・ハーボーが率いるレイヴンズでした。49ersは今シーズン2敗目。
同じ日、ライオンズのホームに乗り込んだパッカーズは快勝して全勝をキープ
日曜日(現地)にパンサーズと対戦した今季全敗のコルツは、同じく不振のパンサーズが相手とあって”トンネル脱出”の期待もありましたが、あえなく敗れて「逆パーフェクトシーズン」に向けて驀進中。
マンデーナイトゲームでセインツと対戦したジャイアンツは、大敗を喫してNFC東地区優勝争いから一歩後退。

[カウボーイズ 20-19 ドルフィンズ]
立ち上がりの第1Qに、ロモが2度のインターセプトを喫するなどもたついたカウボーイズでしたが、
第2Qには相手のファンブルにつけ込んでTDを奪い10-6と逆転してハーフタイム。
このまま押し切るかと思いきや、第3Qにはドルフィンズの反撃にあって再逆転を許すイヤな展開。
点の取り合いとなった第4Qは、終盤、1点ビハインドのカウボーイズがマレーのランを軸にボールコントロールオフェンスを展開して時間を消費。相手の反撃時間を無くした上で、最後は決勝FGを決めて逆転勝ちを収めました。
ロモの被インターセプト「2」は頂けませんでしたが中盤以降は安定感を取り戻し、マレーはランの他にパスレシーブでも貢献しました。
ドルフィンズは、レッドゾーンオフェンスが冴えず、シーズン序盤のカウボーイズを見ているような決定力不足を露呈してしまいました。
なお、上述のようにジャイアンツがマンデーナイトゲームに敗れたため、カウボーイズが地区優勝に向けて前進しました。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

[NFL week11]カウボーイズ地区首位なるか?

先週(第10週)は、ビルズに大勝して白星先行の5勝4敗としたカウボーイズは、今週は同地区のレッドスキンズと対戦
故障者も出て失速気味のレッドスキンズとはいえ、地区内順位には地区内の対戦成績が物を言うとあっては落とせない試合。
また、同じく地区内のイーグルスと対戦する地区首位ジャイアンツの結果次第では、カウボーイズが地区首位に躍り出る可能性もあり注目でした。

[week11 全結果]

NFC東地区首位とはいえ先週49ersに敗れるなど失速気味のジャイアンツは、今週は地区内のイーグルスに敗れ2連敗
全勝街道驀進中のパッカーズは、バッカニアーズを下して全勝(10勝0敗)をキープ
逆に今季未勝利(0勝10敗)のコルツは、今週はバイウイークでお休み。

[カウボーイズ 27-24 レッドスキンズ]

滑り出しは 10-0 とリードしたカウボーイズでしたが、第2Q、第3Qは相手に主導権を握られて逆転を許す展開。
カウボーイズは第4Qに粘りを見せて、ロモが2TDパスを決めて一度は逆転するものの、レッドスキンズの粘りにあって同点とされ試合はオーバータイム(延長)に。
オーバータイムでは先に攻撃権を得たレッドスキンズが、長いFGを狙ったもののそれが失敗に終わり、それによってカウボーイズが絶好のフィールドポジションで攻撃権を得ることとなって、それを着実にFGに繋げて決勝点となりました
レッドスキンズとしては、オーバータイムでの52ヤードのFGトライは失敗した場合のリスクが大きかったんじゃないですかね。
ともあれ、ロモは 23/37 292yds 3td 0int の安定した成績。マレーはランこそ 73yds にとどまったものの、レシーブで6捕球 32yds と、パスも捕れることを証明して見せました
これでカウボーイズは6勝4敗。ジャイアンツと勝率で並び、地区内成績が勝るカウボーイズが首位となりました。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 17:00| Comment(4) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

[NFL week10]カウボーイズ、圧勝で巻き返し

先週(第9週)は、今季不振にあえぐシーホークスに対して順当勝ちして勝率5割に戻したカウボーイズですが、今週は今季ペイトリオッツも破って好調さを見せているビルズと対戦ということで真価が問われる試合となりました。

[week10 全結果]

NFC東地区のチームでは、首位のジャイアンツが好調49ersに敗れて後退
この両チームの対戦というと、私などは湾岸戦争中に行われたNFCチャンピオンシップゲームを思い出すわけですが、今回の試合もかなりの激戦だったようです。
同地区ではイーグルス、レッドスキンズも敗れてカウボーイズ以外は総崩れとなりました。
コルツは今週もミス連発で開幕10連敗。


[カウボーイズ 44-7 ビルズ]
スーパーボウルでも2度の対戦がある両チーム。その2度ともカウボーイズが圧勝しているわけですが、この試合もカウボーイズの圧勝に終わりました。
この試合のロモは序盤からエンジン全開。前半だけで3TDパスを決めるなどし、前半終了時点で 28-7 と大量リード。
後半からは着実な試合運びに切り替えてFGで着実に加点し、最後はディフェンス陣がインターセプトを奪ってビルズの反撃を断つという、これ以上ない展開。
ロモの 23/26 270yds 3TD は1試合のパス成功率としてチーム新記録(88.5%)。デマルコ・マレーは 20carry 135yds 1TD と、「真価」を証明して見せました。
これでカウボーイズは5勝4敗。地区内の他3チームが総崩れとなったことで首位のジャイアンツとは1ゲーム差。
プレーオフに望みが広がりました。

この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

[NFL week9]弱きを挫き?立て直し

先週(第8週)は、同地区のライバルイーグルスにボロ負けしたカウボーイズは、
今週は、今季不振にあえぐシーホークスとの対戦。
ここは「勝てる相手」にしっかりとした試合をして立て直しを図りたいところ

[week9 全結果]
NFC東地区首位を走るジャイアンツは難敵ペイトリオッツを破って首位固め。
49ersはレッドスキンズの追い上げをかわして1敗を堅持。
ペイトン・マニング抜きのコルツは元気なく開幕9連敗。

[カウボーイズ 23-13 シーホークス]
先週はボコボコにやられたカウボーイズですが、今週はキッチリと「弱いものいじめ」で勝利です。
得点差はさほど開きませんでしたが、ロモは 19/31 279yds 2td でインターセプトゼロの安定した内容。
すっかりエースランナーとなったマレーは 22carry 139yds と役割を果たしています。
特筆すべきは、3インターセプトを奪った守備陣で、相手に攻撃リズムを掴む暇を与えませんでした。
ここで立て直して来週はホームでビルズ戦。
「強すぎず、弱すぎず」真価を測るにはちょうどよい相手でしょう。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

[NFL week8]カウボーイズ、同地区対決に完敗

今週(第8週)は、デマルコ・マレーという新星が現れたカウボーイズは、同地区のイーグルスの敵地に乗り込んでの対戦。真価が問われるとなりましたが、さてどうなりますか?
この他では、スティーラーズかペイトリオッツをホームに迎え撃つ注目の対戦。
下位の方では、先週カウボーイズに敗れて今季未勝利のラムズの連敗脱出なるかも、ちょっと意地悪な視点で興味あるところでした。

[week8 全結果]

スティーラーズは、持ち前の守備に加えて攻撃陣も大いに奮起してペイトリオッツに勝利
ラムズは、まさかの展開でセインツに勝利し今季初勝利を挙げました。セインツとしては「1勝もうけ」と思っていたであろうこのカードで、まさかの取りこぼしとなりました。
その他、49ersはブラウンズを圧倒して5連勝、今季6勝1敗として早くも首位固め。

[イーグルス 34-7 カウボーイズ]
「サンデーナイトゲーム」として他の試合より遅れて現地の日曜日のゴールデンタイムに行われた試合、日本では月曜日の午前中となるわけですが、PCのディスプレイにリアルタイム速報を表示していましたが、前半でそれをやめてしまいました。
その時点で諦めちゃったからです。
ターンオーバーで攻撃権を奪われたのはインターセプトの1回だけだったのですが、とにかく攻撃が進まないし、攻撃権を渡すと時間を使いながらどんどん前進されるという最悪パターン。ランに対する守備力は良かったはずなんですがね。
先週爆発したデマルコ・マレーも、今週は8carry、74yds. に留まりました
ともあれ、同地区相手に手痛い1敗となりました。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

[NFL week7]カウボーイズに新星現る!

今週(第7週)は、黒星先行となってしまったカウボーイズが立て直せるかが、私としての見所でしたが、正直言って可能性は感じていませんでした。
ランニングバックのフェリックス・ジョーンズが故障で離脱し、ただでさえ不振なラン攻撃がさらにどうしようもなくなるのではないかと。
しかし「家貧しくして孝子顕る」の諺どおり(?)、新星が現れました。

[week7 全結果]

先週、49ersに開幕連勝を止められたライオンズは、これまで調子の上がらなかったファルコンズにも敗れて2連敗
一方、開幕から連勝を続けているパッカーズは、ヴァイキングズに先行を許しながらも第3Qに怒濤の攻撃を見せて逆転し開幕7連勝
先週はデービスオーナーの「弔い合戦」に勝利したレイダーズは、今週は一転してチーフスに完封負けの屈辱。

[カウボーイズ 34-7 ラムズ]
エントリー冒頭でも述べましたように、黒星先行の中でRBジョーンズが離脱し、まさに暗雲立ちこめたカウボーイズでしたが、
代わって出場したデマルコ・マレーが、ファーストドライブでの 91ヤードTDランを皮切りに、25carryで253yds の大爆発。
このチームの伝説の名RBであるトニー・ドーセットやエミット・スミスさえも凌ぐチーム新記録の活躍で、勝利の立役者となりました。
ラン攻撃が機能したことで、ロモは 14/24 166yds 2td に留まりましたが、被インターセプトはゼロという安定したプレーぶり。
ランで進めるとなると、無理にパスを投げることもなくなるという好循環でしょう。
なんだか、今シーズンは絶望的になっていた私ですが、すこし希望の光が見えてきた感じです。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

[NFL week6]ライオンズ連勝止まる!カウボーイズは、、、

今週(第6週)のカウボーイズは「バイウィーク」明け。
なんとかリフレッシュして試合に臨んでほしいものですが、
相手がペイトリオッツという難敵なんは厳しい。
開幕から連勝街道驀進中のライオンズは、果たして止まるのか…というところも注目です。

[week6 全結果]

49ersと対戦したライオンズは、ラン攻撃が機能せずに今季初黒星。勝った49ersもこれで5勝1敗と、長い低迷期から脱出したようですね。

[ペイトリオッツ 20-16 カウボーイズ]
ヘッドコーチのプレイコールやロモのクォーターバッキングに対しては、私を含めて激しいバッシングが繰り広げられていたわけですが、今回は、変に無謀な策もなくて試合ぶりとしては落ち着いていたような気がします。
しかし、ラン攻撃が不振なのは相変わらずで、攻め込んでもTDが取れない、要所でファーストダウンを更新できない、時間を使えない…。
それが如実にでましたね。
同点の終盤に勝ち越しTDのチャンスがありながら、FG止まりの3点リードに留まり、相手の攻撃時間を残してしまう
ここでTDを取るか、最低でも時間を使ってからのFGならよかったんですが、
残り時間が少ないビハインドの状況では鬼のような強さを発揮するブレイディに絶好の舞台を与えてしまった格好で、次々とロングゲインを決められて、いとも簡単に逆転TDを奪われてしまいました。
カウボーイズは、これで黒星先行。今年もプレーオフは厳しそうな気がしてきました。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

[NFL week5]カウボーイズはお休み

今週(第5週)のカウボーイズは「バイウィーク」ということでお休み。
これでイヤな流れを断ち切って、立て直してほしいものです。

[week5 全結果]

試合とは別に、レイダーズの名物オーナーで「コワモテ」で鳴るアル・デービス氏が亡くなったとのこと。
氏は良くも悪くも「独自路線」
ただ、衰えたベテラン選手を拾って再生するチームとしては、なかなか面白いチーム作りをしていた人でした。
(合掌)

試合では、ライオンズがまたも逆転で開幕5連勝を飾ったのが目立ちます。
私がNFLを見始めて以来、一度NFCチャンピオンシップには進出したと記憶していますが、そこでもレッドスキンズに敗れていて、それ以外は、個人としてバリー・サンダースという名RBが目立つものの、チームとしては「弱小」のイメージだけだったのですが、
今シーズンは、ひょっとしてひょっとするかも知れません。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

[NFL week4]絵に描いたような自滅

NFLは第4週
カウボーイズは前週まで開幕3連勝と好調なライオンズをホームに迎えての試合。
マニング抜きのコルツは今週から先発QBを代えてバッカニアーズとマンデーナイト。

[week4 全結果]

マニング抜きのコルツは先発QBをペインターに代えてバッカニアーズに善戦しましたが逆転負け
前週はビルズに苦杯をなめたペイトリオッツは、レイダーズ相手にソツのない試合で勝って連敗は回避
試合とは別ですが、セインツのホーム、ルイジアナ・スーパードームにもついにネーミングライツが設定されるそうですね。
命名権を取得するのはメルセデス・ベンツ関連企業とのことで、新名称(予定)は『メルセデス・ベンツ・スーパードーム』
屋内球場の草分けとも言えるスーパー・ドームにも時代の趨勢ですかね。
或いはこれは私の憶測ですが、ハリケーンの被害によって所有者であるルイジアナ州の財政も悪化しているということかも知れません。

[ライオンズ 34-30 カウボーイズ]
この試合の序盤は、カウボーイズの攻撃が面白いように展開されライオンズを圧倒、前半終了時点では 23-3 と大きくリードを奪いました。
さらに第3Qに入っても、ロモからウィッテンへのTDパスが決まって 30-3 。普通なら、ここでどう考えても「勝負あり」です。
カウボーイズとしては、無理をせずに時間を使っていけばライオンズが反撃しようにも物理的に困難になっていくことになり、自然と勝利が転がり込んでくるはずですが、
そこでそういう「堅実なプレー」が出来ないのがロモというQBであります。
無理なパスを投げてはインターセプトリターンTDを連続して奪われると、追い上げられた第4Q終盤には、またしてもインターセプトを献上して、これもTDに繋げられてまさかまさかの大逆転負け
「1試合に1回くらいやらかす」のはご愛嬌でも、立て続けにやられるとたまったもんじゃないですね。
ファンはもちろん、チームメイト、首脳陣の信頼も大きく損ねたこの日の試合となったはずです。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 16:57| Comment(4) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

[NFL week3]しょっぱくても勝ちは勝ち

NFLは第3週
カウボーイズはレッドスキンズをホームに迎えてマンデーナイトゲーム。
マニング抜きのコルツは第1週、第2週と出入りの激しいスティーラーズとのサンデーナイト、
ブレイディが「絶対」とは言えなくなったペイトリオッツはどうでしょうか。

[week3 全結果]

マニング抜きのコルツは最後の最後までスティーラーズに食い下がって善戦しましたが、最後はFGの3点差で振り切られました。スティーラーズのQBロスリスバーガーは、1週目がボロボロ、2週目が完璧と出入りが激しいですが、この試合は364ヤードを投げましたが、一発のロングゲインで稼いだ部分もあり全体として今ひとつの印象でした。
ペイトリオッツは同地区のビルズと対戦。近年は圧倒的にペイトリオッツに分のあったこのカードでしたが、ビルズの”ハーバード大学卒”のインテリQBフィッツパトリックとの投げ合いはフィッツパトリックに軍配。ペイトリオッツの絶対的な強さにも翳りが出ましたね。

[カウボーイズ 18-16 レッドスキンズ]
例によってレッドゾーンに攻め込みながらTDを奪えない消化不良のカウボーイズでしたが、レッドスキンズの攻撃もパッとせず、ロースコアの地味な試合になりました。
この試合でも無理な体勢からパスを投げてインターセプトされるというロモの悪癖は見られ、さらに悪いことにそれをTDに結び付けられましたが、チームとしてはFGで小刻みに得点を積み上げて、終わってみればTDはゼロながら6個のFGで18点を挙げて逆転勝ち
無理に派手なことをしなくても勝てるんだという点で、ロモには良い教訓にしてほしいですね。
まあ、毎試合こんな感じの試合を見せられては、見る方もストレス溜まりますけど。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ にほんブログ村 その他スポーツブログへ
posted by Yujiri@Kaga at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする