shim.gif

2011年06月15日

スタート姿勢〜小学生の場合

陸上競技の短距離種目の場合、現在ではクラウチングスタートの姿勢しか認められていないのは言うまでもないのですが、
小学生の場合はスタンディングスタートも認められています
これは、公開されている昨年の全国小学生陸上競技交流大会(以下、「全国大会」)の要項に「クラウチングスタートを原則とするが、スタンディングスタートも認める。」とされていることから明らかでありますし、
今年度の同大会についても、日本陸連のサイトでは明らかになっていないものの、
沖縄陸協のサイト内に掲載されていた、本年度の全国大会の要項(案)にも、スタート姿勢についての扱いは変わっていません。

つまり「出来る限りクラウチングスタートでやって欲しいけど、スタンディングだからといって不利益な扱いはしないよということです。
また、私が昨年の全国大会を観戦した経験では、特にハードル種目の場合は、スタンディングスタートの子も少なからず県代表として出場していましたし、
2008年の全国大会の男子80mハードルでは、スタンディングスタートを行う子が決勝に進出した事例もあります。

[リンク|昨年の全国大会要項(日本陸連サイト内)]

[リンク|本年の全国大会要綱案(沖縄陸協サイト内)]

以上の要項や事例を念頭に置いていた私は、特にハードル種目においては、
指導期間の短さや子供達の経験不足に鑑みて、少なくとも市の大会の段階ではスタンディングスタートで行い、
首尾よく県大会進出が叶った場合は、それまでにクラウチングスタートが行えるように指導する計画
でした。
しかし当日、いままさに80mハードルの第1組がスタートしようとしているときに、
そのスタンディングスタートについて、大会役員から思わぬことを言われました

ひらめき
大会役員曰わく「スタンディングスタートの場合は、3位以内に入っても県大会の市の代表として推薦しない

当然、私も学校の先生も猛抗議です。
当日のプログラムにおいても「クラウチングスタートが望ましい」とはありますが、
「スタンディングスタートは認めない」とも「スタンディングスタートの場合は県大会に推薦しない」とも書いてありません。

私は法律が専門ですが、「原則として」とか「望ましい」などというのは通常「努力義務規定」であって、それを果たさないからと言って処罰や不利益取り扱いを受けるというものではありません
今回の場合「県大会への推薦拒否」という重大な不利益取り扱いを行うのであれば、それを明文化しておいて、それが「努力義務規定」に留まらないことを示す必要があります。しかし、そんなものはどこにもありません。
そもそも、全国大会の要項で「スタンディングスタートも認める」とされているのに、それに向けての第一段階である市の予選においてスタンディングスタートを排除するのは、社会通念上ありえないことではないでしょうか。

もちろん、私とて最終的にはクラウチングスタートで競技を行えることが理想であるとは思っていますし、その方向性で指導していく所存であることは言うまでもありません
しかし、私としては「正しく出来もしないのに、ただ地面に手を着いています」というような格好をさせることも間違いであるとも思っています。

結果的には、私の「全国大会の要項では.....」「全国大会の実情では.....」の抗議に対して、件の役員氏は「確認してみる」ということで下がって行かれました。
う〜ん、競技が始まる間際になって「確認」が必要なんですか。そういう方が、小学生の競技会を仕切り「推薦」に影響力を持っているということですか
そしてそのまま競技は開始され、80mハードルでは2名の教え子が3位以内に入ったわけですが、
その後「推薦しない」とは言ってきていないので大丈夫なんでしょう。
しかし、一度は「県大会に推薦しない」とまで言い切り、私の抗議に対しては「確認する」と言い、
それでもやはり県大会に推薦するというのであれば、「一言」あって然るべきではないのかな…と思うのはおかしいですかね?

私としては、第一義的には県大会までにクラウチングスタートで行けるように指導するつもりですが、
極端な話、「最終的には全国大会までに仕上げればいいんだ」とさえ思っています。
ちゃんと出来ないまま見栄を張って、手を着いているというだけの「なんちゃってクラウチング」などさせるつもりはありません。
つまるところ、ルールで認められている範囲で、その時点で最も良い記録を出せる方法をとる-----それに尽きますし、その考えがブレることはありません。
この情報がお役に立ちましたならクリック願います。他の陸上ブログも検索できます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ



posted by Yujiri@Kaga at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | Study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラウチングスタートの場合、手の角度が前方で鋭角になっていないと意味がないと思います。
腕力の弱い小学生にそれを無理強いするのはおかしいですね。
Posted by fuyusarurose at 2015年07月29日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209888619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック