shim.gif

2010年11月10日

指導初心者が作った「記録表」

私が小学生陸上クラブの指導に参画したのは2007年の4月。
この時点では、指導者初心者でした。
今思うと恥ずかしくなるような指導もしていて、そのころに指導を受けた子供達には申し訳なく思っています。
言い訳にもなりませんが、なにせマスターズ陸上に出ていた時代から数えても十数年も陸上から遠ざかっていましたから。

しかし、これではいけないと思って私なりに考えて色々なことを始めました。
現場での練習方法の研究はもちろんですが、まずは、クラブの子供達それぞれの競技力を把握することが第一だと思い、クラブに対しては記録をまとめたものがあるかと聞いたわけですが、返事は "NO" でした。
 
無いなら自分で作ろう。
私は「初心者」だから、基礎から始めなければなりません

作業を始めたのは2007年の秋だったと思いますが、
Excelを使って、縦軸に氏名、横軸に競技会名を設定して、競技会ごとに記録を入力していく。
ベスト記録であれば記録を入力した時点で赤い太字になり、従来の赤い太字は通常テキストに戻る。
氏名のすぐ横には、横軸に並んだ記録からベスト記録を自動的に抽出して表示するようにする。
そのベスト記録が並んだ「列」を検索して、男女別のチーム内ランキングも自動的に表示していくようにもしました。
データは、2007年のシーズン当初に遡って作成し、対象種目はその当時は100mと1000mでしたが、2009年には走幅跳も加えました。
記録会があった日は、帰宅すると食事もそこそこに記録表への入力作業をしていくわけですが、
好条件の記録会の場合だと、入力するたびに「赤太文字」になるんですね。
終わってみれば、上から下までドドドッと「赤太文字」のオンパレード。
正直言って興奮します。「うわー、みんな頑張ったな」「この子もついに15秒台か」などと一人でブツブツつぶやきながら。

それによって私は、子供達のベスト記録を全て把握したのはもちろん、短距離、長距離のいずれに特性があるかや、記録の伸び方や安定性も含めて把握出来るようになりました
また、意図しなかった効果として、子供達全員の名前と学年もキッチリと把握出来るようになったのも大きいですね。
以前のエントリーでも述べましたが、名前や学年は指導における基本中の基本だと思いますから。
例えば4年生の記録について「3年生なのに凄いな」なんて言っちゃったら、子供はガッカリするばかりでしょう。
幸いにして私は、そういう失敗はしていませんが。

2008年シーズンになり競技会を迎えると、記録表の効果はハッキリしました。
従来は以下のようなやりとりがしばしばありましたが、
 スタッフ「記録はどうだった?」
 子供「○○秒○○
 スタッフ「それは自己ベストか?」
 子供「(淡々と)うん」

記録表作成後の私は、こうです。
 私「記録はどうだった?」
 子供「○○秒○○
 私「おっ!自己ベストだな!」
 子供「(はじける笑顔で)うん!」


事象としては同じ自己ベスト達成でも、指導者の対応によってこんなに違うものかと思いましたし、
指導者になってよかったな、記録表を作ってよかったなと思いました。
文字で表すのは難しいのですが、ほんとに子供達の顔の輝きが違うんですよ

記録表の延長線上で次に取り組んだのは、クラブ最高記録表の作成でした。
これも従来は整備されてなくて、「あの子は速かったから○○秒○○位だったかな」というような状態でした。
だけど、各自の自己ベストを把握したなら、それがクラブ歴代のベストかどうかも知りたくなりませんか?
従来からクラブにいた「小学生陸上の指導法を知っている指導者」の人は、そんなもの無くても充実した指導は出来るという考え方だったのかも知れませんが、自己ベスト達成であれだけ顔を輝かせていた子が、それがクラブの先輩も含めてのベストだったりしたら、跳び上がって大喜びすることは間違いありません。

これについては、クラブ発足の2005年まで遡りペーパーで残る記録から競技会主催者のHP等に掲載されている記録まで出来る限りの範囲を検索して作成しました。
なかでも女子ボール投などは2005年の能美市記録会で達成されているのですが、これは現在は能美陸協のHPからリンクしていなかったもののサーバーには残っていたので、それを競技者氏名等で検索して引っ張り出したものです。
そして、クラブを離れた今も個人的に作成して更新しています。
[2010年11月6日現在の記録表はこちら]
 ID:ueo
 PASS:mezase

特に秘密にする趣旨ではありませんが Google等の検索エンジンにインデックスされないようにするためにパスワード認証をかけています。
なお、ご使用のPC環境によってはご利用出来ない場合がありますのでご了承ください。

クラブ最高記録表が出来ました。
ここまで来ると、その過程で調べた記録のうちクラブ最高記録でなかったものを「忘れて」しまうのはもったいない。
ならば「歴代十傑表」を作ろう!
そしてまた、これも効果はありました。
やはりクラブ記録となると、多くの場合は県大会優勝記録に相当するようなハイレベルですから、
新記録達成は容易ではありません。
それを「十傑」とすることでハードルを下げて、「クラブ歴代3位だよ」「歴代ベストテンに入ったぞ」というのも子供達は喜びましたね。

もちろん、クラブを去るとき、、、と言うより在籍中から常時、これらのフォーマットをクラブに提供していて、他のスタッフにも活用してもらえるようにしていたのですが、現在はどうなんだろうな。
ps-----
記事本文の修正に伴い、既存のコメントは削除させていただきました。
悪しからずご了承ください。
この情報がお役に立ちましたなら、クリック願います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
posted by Yujiri@Kaga at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168914103
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック